夜型人間が無理に朝型になる必要はない理由【夜型は優秀です】

夜型 ワークライフ

本記事のテーマ:夜型人間を誇り、日々自信を持って生きる

本記事では、次のような悩み、疑問を解消します。

Q.朝型になりたいんだけど、眠いなぁ

Q.成功者ってみんな朝型なの?

Q.朝型に変わるにはどうしたらいいの?

A.朝型にならなくていいですよ

こんにちは。ねむカツです。

今回は夜型人間でいい理由を説明していきます。

もし、「朝が苦手だけど無理やり朝型にしようとしている方」は直さなくていいかもです。

では、さっそくまいりましょう。

結論:夜型は優秀なので、朝型にならなくてもいいです

いきなり結論ですが、夜型でも十分優秀な人になれるということです。

というよりも、夜型の人はもともと優秀の可能性があるんです。

では、なぜ世の中で朝型が「成功者の証」とされているんでしょうか。

それは、次の三つの「朝型の幻想」があるからです。


・朝型はストイック

・仕事においては人と接することが大切

・有名人に朝型が多い
 

世の中には、朝型を神格化するような本や動画がたくさんありますが、鵜呑みにしなくていいです。

幻想①:朝型はストイック

朝6時に起きて、筋トレをしてシャワーを浴びて本を読む。

それから、みんなが出社していない時間にオフィスに行き、作業を始める。

仕事を早く終えて、夜は自己投資のために本を読む。

家族とリラックスした時間を過ごしながら、翌日のために10時にベッドに入る。

これが朝型の成功者の姿だと思います。

完全にストイックですね。

一方、夜型の人間は、朝9時に起きて、筋トレをしてシャワーを浴びる。

みんなが仕事を始めている中、一番遅く到着し仕事を始める。

周りの人が仕事を終え、帰る中、仕事を続ける。

ゲームをしてから本を読み、リラックスした時間を過ごした後、深夜1時にベッドに入る。


直感的にどちらの方が優秀そうですか?

おそらく、前者の朝型の人だと思います。

ただ、この二人の仕事時間と睡眠時間は全く同じです。

違うとすれば、休憩時間の過ごし方でしょうか。

朝型の人は家族と過ごし、夜型の人はゲームをしていますが、息抜きは人それぞれです。

幼い頃からの義務教育のせいで、「朝早い」というだけで正義に聞こえるんです。

幻想②:仕事においては人と接することが大切

これも朝型がよしとされている理由だと思います。

先ほどの例だと、夜型の人は、ちょうどみんなが忙しい時間帯に出社し、周りは自分より先に退社しています。

これだと仕事仲間と接する時間が減ってしまいますね。

だから「夜型はダメ」という風になるんです。

じゃあ逆に人と接しない仕事だったらどうでしょう?

デザインやライティングなど、クリエイティブ系の仕事をしている人は、オフィスがうるさかったら集中できないんじゃないでしょうか。

極力人がいない時間を最大化できるのが夜型人間なんです。

成功者は朝型が多いと言われていますが、本来はこういう流れだと思います。


①成功者=経営者のイメージが強い

②経営者はどうしても多くの人と接する必要がある

③人と多く接するため、朝型にならざるを得ない
 

朝型だから成功したんじゃなくて、朝型でも夜型でもなかった。

だけど人とコミュニケーション取らないと仕事にならない。

だから、しょうがなく朝に起きるようになった。

もしかしたら、こういう人もいるかもしれませんね。

幻想③:有名人に朝型が多い

朝型

三つ目は朝型の人の方が目立つからです。

スターバックスCEO、アップルCEOなどの経営者は朝型として取り上げられやすいです。

「4時半に起き」「睡眠時間5時間」などの超人的な面があった方がネタになるからです。

一方夜型の有名人はいるでしょうか?

パッと思いつきませんね。

それは、「1時に寝ている」「10時に起きている」というのは普通すぎるからです。

一般人と変わらないので、全然ネタにならないんです。

ですが、もちろん夜型の人でも成功している人はいます。

ただ、朝型の人の方が目立つので、その影に隠れてしまうんです。

結果として、あたかも「成功するには朝型にならないといけない」となるのです。

朝型になる必要はない理由【まとめ】

これまで、「成功者=朝型」というのが絶対ではない。

むしろ、それは大げさだということを説明してきました。

復習すると、次の三つが理由で、朝型が優秀とされてしまっています。


・朝型の方がストイックな気がするから

・朝型にならないと人と接する機会が減るから

・朝型の有名人が目立ちすぎるだから
  

もし、皆さんが夜型人間だと自覚があって、夜の方が集中できると思っているとしたら、無理やり朝型にする必要はありません。

夜型でも成功している人はたくさんいます。

夕方にとりあえず仕事を終わらせ、家族とゆっくり過ごし、子どもたちを寝かしつける。

それから、一番集中できる時間帯に仕事をして、夜1時くらいに寝る。

こういう生活でも十分成功するはずです。


なぜなら、これは第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ氏の一日だからです。

読んでいただきまして、ありがとうございました!

ねむカツ

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました