恋人に別れを切り出された時やってはいけないアノ行動

恋愛、別れ 恋愛

本記事のテーマ:別れを切り出されても関係を諦めない

本記事では、次のような疑問を解消します。

・好きだった彼に別れを切り出されたけどどうしたらいいの?

・もうチャンスはないのかな

・俺の何が悪かったんだろう?

こんにちは。ねむカツです。

今回は、恋人から別れを切り出された時にやってはいけないことを紹介します。

もしかしたら、今まで経験したことある人もいるかもしれません。

というか、私も言ったことがあります。

では、さっそくまいりましょう。

結論

別れを切り出された時にやってはいけないこと。

それは、「自分のどこがダメだったか聞くこと」です。

もしかしたら画面の向こうで「グサッ」と口に出している人がいるかもしれません。

お互いの気持ちが冷めているというより、相手から一方的に話を切り出された場合に、つい聞きたくなります。

「どうして…あんなに楽しかったのに」と。

では、具体的に、なぜ聞いてはいけないのかを説明します。

 

罪悪感を抱かせてしまう

正直相手が罪悪感を抱くかどうかは、その人のタイプによります。

ですが、ある程度思いやりのある人だったら、自分から別れを告げるのは多分心苦しいと思います。

それでも今の関係を続かせないことを選んで、別れを切り出したんです。

そこで「どこがダメだった?」と聞いたとします。

すると相手は、こんなことを考えるでしょう。


「そんなこと言えるわけがない」

すでに罪悪感のある状態で、これ以上傷つけることは言いにくいもんです。

向こうは別れを切り出した時点で、それなりの覚悟は決まっています。

仮に具体的に自分のダメだった点を指摘して、こちら側が直したとしても、向こうには「別れを切り出した」という事実があります。

人間は自分の行動に一貫性を持ちたいものですから、よっぽどのことがなければくつがえりません。

万が一、やり直せたとします。

でもやっぱり向こうが別れたいと思ってしまえば、「もう一度別れを切り出さないといけない」と罪悪感を抱くはずです。

なので、ダメだった点を聞かれても「そんなこと言えない」んです。

悪い記憶を呼び覚ましてしまう

自分のダメだったところを聞き、仮に相手が考え始めたとします。

すると、相手の頭の中では悪い記憶がグルグルと思い出されます。

もちろん、そうするようにしたのは、こちらです。

悪い記憶を思い出し始めると、きっと相手はこう思うでしょう。


「やっぱり別れを切り出したのは間違いじゃなかった」

別れを考えたきっかけがある場合は、特にそう思うでしょう。

「相手を傷つけるから、別れを告げるのはつらかったけど、やっぱり別れた方がいいな」とここでも一貫性が働きます。

こちらはやり直したいから、直すべきポイントを聞いています。

ですが、実はそれは相手の背中を「別れ」の方向に押しているんです。

別れを切り出された時の対処法

では、別れを切り出されたらどうしたらいいんでしょうか。

答えは割と単純です。

「できる限り落ち込まず、二人の思い出を話す」ことです。

何を言っているかと言うと、絶対に「ダメな点」を聞いてはいけない理由は以下の二つでした。

・罪悪感を抱かせるから

・悪い記憶を呼び覚ますから 

なので、罪悪感を抱かせず、悪い記憶を呼び覚まさなければいいんです。

別れを切り出されたら、まずは「できる限り普段通り」にしてください。

別れ話はショックです。悲しいです。

ですが、ここはグッとこらえて普段通りを装いましょう。

そうすると相手は、

「あれ、意外と大丈夫なのかな」

と罪悪感を薄くする+不意を打たれます。

その不意を打ったところが、隙になります。

隙を作ることで、向こうの一貫性を一瞬途切れさせることができます。

次に「ダメな所」の代わりに「楽しかった思い出」を話します。


・ドライブ行ったこと

・買い物しまくったこと

・バラエティ見て爆笑したこと
 

できれば記念日の思い出とかじゃない方がいいです。

もしかしたら相手が「重い」と感じてしまうかもしれません。

淡々と、楽しかった日常を二人で思い出してみてください。

「そんな空気にならないよ」と思われるかもしれません。

ですが「とりあえずカフェでも行って話そう」と提案すれば、少しくらい話すチャンスはあるはずです。

ある程度、昔の思い出を話したら相手の頭の中には次のような考えが生まれるはずです。


「あれ、意外と楽しかったんだな」

「本当に別れていいんだっけ?」

「別れたい」という相手の一貫性が崩れる瞬間です。

もしどうしても泣きたい場合は、大丈夫です。もう泣いてもいいですよ。

別れを切り出されたショックで泣いているんじゃない、楽しかったあの日がもう戻って来ないから泣いているんだ。

そう思わせてください。

ここまで来たら、もう一度やり直しを提案するか、その日はひとまず解散するか、諦めるかを選んでください。

最後は相手の性格、自分とのこれまでの関係から直感的に選んでください。

恋人に別れを切り出されたら【まとめ

カップル・復縁

今回は、別れを切り出された時に絶対にしてはいけない行動として「自分のどこがダメだったか聞くこと」を説明しました。

繰り返しですが、なぜダメか、というポイントは次の二つです。


・罪悪感を抱かせてしまうから

・悪い記憶を呼び覚ますから
 

この行動を避けることで、やり直せる確率がゼロ%から数%上がります。

もちろん、自分が恋人と別れたくないと思っていることが前提です。

「別れてもいい」のなら、なんか悔しいけどすんなり受け入れましょう。

相手が明らかに浮気しているのに、向こうが別れを切り出したら、こっちから食い気味に別れの言葉を返しましょう。

万が一ダメな所を聞いて、スラスラ言ってきたら、それ以上自分が頑張ってまで関係を続かせることはないです。

もし忘れた頃に、そんな相手が復縁を申し込んできたら、これを聞いてみましょう。


「私のどんなところが良かったの?」

読んでいただきまして、ありがとうございました!

ねむカツ

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました